車の買い替え

ディーラーの決算期は狙い目か?!

車の購入や中古車の下取りなど、状況別にFAQ形式で答える、車の買い替えで損しない、得するための知識!

車を乗り換えようと思ったときの疑問に答えます!

「車を乗り換える時期はいつが良い?、良い年数は?、決算期は安いの?」など、車の買い替えを考えていると、いろいろと出てくる疑問や質問を集めました。

質問の内容の多くが、「車を買い替える時に、どのようにすれば損しないで済むのか?」「車を買い替えたいけど、何をすればお得なのか?」など、損しないで、少しでもお得に車を買い替えることに、比重がおかれているようなので、その辺に注視した質問が中心となります。

車の買い替えを検討しているあなたに、役立つ内容がひとつでもあれば幸いです。

*上記、各カテゴリーのトップページへのリンクになります。

決算期は、車買い替えのお得な時期なのか?

新車への買い替えはもちろん、中古車への買い替えでも、一年で一番お得に車が買い替えられる時期を、3月や9月の決算時期だと思っている人は多いと思います。でも、本当に一番お得な買い替え時期は、決算期なのでしょうか? (以下、新車を例にした、決算期のお話です。)

私たちが深層心理で、無意識のうちに抱いている「決算期」のイメージとは、どのようなものなのでしょう。「販売店は決算期に、多くの車を売りたい。」 → 「売りたいから価格を下げる。」 → 「大幅値引きが期待できる。サービスも期待できるかも。」 → つまり、「決算期に車を買うのは、安くてお得だ!」こんな感じではないでしょうか。決算期に車を購入したことのある方ならわかると思いますが、決算期には確かに車がお得。値引き交渉ナシで、車はいきなり大幅に値引きされているし、各種オプションなどが混ぜ込まれたディーラー独自のパッケージモデルも販売されたりと、実際に車を購入しても、安くお得に購入できた気がします。

そもそも、なぜ「新車ディーラーは、決算期に多くの車を売りたい。」と、私たちは思っているのでしょうか。決算と聞くと、「少しでも売上を上げなくてはいけない!」と思う方が一番多いと思います。確かにそれで正解なのですが、もう少し踏み込んだ理由もあります。それは、仕入れ価格の問題です。全てのメーカーやディーラーに当てはまるかはわかりませんが、年間の販売台数で、車の仕入れ価格が変ってきます。年間100台販売するディーラーと、年間1000台販売するディーラーとでは、仕入れ価格が違うのです。「年間○○台で、仕入れ価格××」となりますので、販売台数がボーダーライン上のところは、決算期に必死に販売するのは当然でしょう。

「どんな理由があるにしても、販売店が決算期に車を売りたいなら、やっぱり決算期は車が一番お得な時期だろう。」と思いますが、販売店が車を売りたいのは、決算期だけではありませんよね。一年中売りたいのです。決算期はお客さんも多く来店しますし、実際に販売台数も伸びると思いますが、販売店もプロです、販売台数の予測はついていまし、決算期に入る前から、決算期のプランは立っているのです。あたりまえのことですが、前もって計画を立てないと、何も準備が出来ません。目標販売台数と言っても良いかもしれませんが、販売台数の予測、販売の展開方法などは、決算期に入る前にしっかりと用意されていて、その通りに決算期に対応するのです。

何が言いたいのかというと、決算期になって、「あと○○台販売したい!」とディーラーが必死になっても売れませんし、そのことを十分にディーラーは理解しているから、事前に計画を立ているということです。つまり、決算期とは、新車ディーラーにとって、大きな促販イベントのひとつに過ぎません。他の業種でも促販イベントはたくさんありますよね。いつまで経っても閉店しない「閉店セール」など・・・。決算期が有名で、見落としている方も多いと思いますが、スプリングセール、夏の大感謝祭、年末の歳末セール、新年の新春販売会など、呼び方は違うかもしれませんが、なんだかんだと、どこの新車ディーラーも、一年中イベントをやっています。3月と9月に決算セールをやっているところもありますね。実際に年に2回も決算あるがあるのかはわかりませんけど。「決算期 = 促販イベント」と解釈してしまっても問題ないかもしれません。

「一番お得な車の購入時期が、決算期で無いとすれば、いつがお得な時期なの?」と思うかもしれませんが、基本的に一年中いつ買っても同じだと思います。「決算期が一番だろ!?」って、反論も出てきそうですが、個人的にはそう思っています。例えば、6月に車を購入するとします。その車は決算期に20万円値引きしていました。でも、6月に見積りしてもらったら15万円の値引きが限界だと言われました。私なら、「次の決算期まで待って車を購入する。」と伝えます。その場で値引き交渉が成功するかはわかりませんし、一年近く待っても、次の決算期に20万円の値引きがあるかはわかりませんが、もし、自分が販売側の人間であれば、値引き交渉に応じて、1日でも早く契約&納車するように勤めます。なぜなら、いつ売っても、1台は1台ですからね。それに早く納車すれば、それだけ走行距離は伸びて行きます。車検までの日数も、グンと近く縮まるのです。つまり、車を購入した人が、次の車買い替えを検討する時期が早まるのです。5万円の利益では考えられない利益が生まれるかもしれませんよね。

いろいろな考えはあると思いますが、「決算期だから車を購入する。」などの、「購入サイド」を優先して車の買い替えを考えるのではなく、乗っている車を手放す(売却する)、「下取り車サイド」で考えた方が、結果的にお得で賢い車の買い替えができると思ってます。各ディーラーで、新車購入時の最大の値引き幅、限度額というものは、ある程度決まっています。だから、いつ車を購入しても、値引き交渉次第で決算期と遜色のない価格になると思っています。なので、購入サイドで大きく損することはないと、私は考えているのです。逆に下取り車サイドは、走行距離や年式など、タイミングを逃すと痛い目にあうこともあります。なので、購入よりも、車を手放す、売却する「下取り車サイド」を優先的に考え、車の買い替え時期、タイミングは検討した方が良いのではないでしょうか。

ちなみに、決算期に販売台数が足りず、青い顔してアタフタしているディーラーもないわけではありません。そんなディーラーを、万が一でも見つけられたら、一年で一番お得な購入時期かもしれませんね。ただ、アタフタが本物か演技なのかを見分けるのは、難しいと思います。

他のページにも、車の買い替えについて、いろいろと書いてみました。お時間がありましたら、目を通してみてください。

Copyright © 車買い替えFAQ