新古車とは

車の買い替えFAQ

新古車の意味と、新古車の購入はお得なのかどうかを知りたい。

トップページお得な車購入と買い替えFAQ新古車とは? 新古車はお得?

中古車雑誌を読んでいたら、新古車というものがありました。新古車とはどんな車のことなんですか?

また、年式もすごく新しく、走行距離がかなり少なかったのですが、新古車を購入するとお得なのでしょうか?

新古車という言葉を、初めて耳にする方もいると思いますが、中古車雑誌などで、新古車という言葉を目にしたことがある方もいるでしょう。「新車だけど、中古車」これが新古車の意味なのですが、わかりやすく書くと、「新車だけど、一度登録された車」ということになります。

新車なのに一度登録されているという、特殊な状況が発生しているのですが、この状況が発生するケースはいくつか考えられす。「新車を購入された方が、納車直前にキャンセルした。」などです。

ですが、一番多いケースが「年度末にディーラーが、自社名(ディーラーの会社名)で意図的に新車を購入、そのまま新車の状態で中古車店に車を並べ販売する。」です。

ディーラーが意図的に必要な台数の新車を購入し、そのまま中古車として店頭で販売するのですが、なぜこんなことをするのかというと、自動車メーカーからのレス率、新車を卸してもらう時の割引率に、年間の販売台数が関わってくるからです。

この辺のレス率については、いろいろありますので、一概に言えないところもありますが、一定の台数を売らないと、高くなってしまう、つまり儲けが少なくなってしまうということです。

200万円の車を160万円で仕入れるのと、180万円で仕入れるのとでは、利益率が違いますからね。それが年単位で影響されるとなれば、そこには大きな利益の差が生まれてしまうわけです。

もしも、販売台数が10台足りないだけで、レス率が変ってしまうのであれば、自社で10台購入して、そのまま中古車店で販売してしまった方が、年単位での会社の利益は大きくなるのです。(レス率やディーラーの販売規模にもよります。)

新古車自体を作ることは、ディーラーにとって美味しい話ではありませんが、それでも総合的な利益を考えれば、やる価値があるということです。

新古車は、新車よりもお得な価格で購入出来る新車なのですが、「一度登録されている。グレードが選べない。色やオプションが選べない。」という条件がありますし、そもそも欲しい車種の新古車があるかもわかりません。なので、新古車を上手く購入できるかどうかは運次第です。

新車を年度末に購入しようと思っていれば、2月、3月に行動していると思いますが、新古車をディーラーが作り出すタイミングが、意外と早かったり、思っていたより遅かったりと、バラバラなので、新古車を狙い撃ちするのは、なかなか難しいです。

新古車の傾向としては、台単価が安く、販売し易いコンパクトカーが多いように思います。新古車を狙いたいなら、欲しいメーカーのディーラー系中古車店をこまめにチェックしましょう。

欲しい車種があって、グレード、オプション等に、こだわりがないのであれば、新古車がお得であることは事実ですので、積極的に探して購入しても良いと思います。

*価格があまり下がっていない、お得感のない新古車もありますので、新車の購入費用としっかり比較してください。新車の購入費用を知るために、まずは新車の見積りをもらっておきましょう。

Copyright © 車買い替えFAQ