事故車と下取り査定

車の買い替えFAQ

修理暦のある車を下取りに出す予定。この車は事故車? 下取り価格は安くなってしまうの?

トップページ下取り車の疑問事故車の下取りは安い?

乗っている車には修理歴があります。購入してすぐにドア近辺をぶつけてしまい、前のドアを修理して、後ろのドアを交換しました。ドア交換していると、事故車扱いになると聞いたのですが本当ですか?

また、事故車だと、下取り価格がゼロになってしまうと聞いたのですが、これも本当なのでしょうか?

購入時も売却時も、事故車に関する疑問は多いです。ブラックボックスになっているわけでもないと思いますが、あまり一般的に出回っていない情報だからでしょう。

まず、事故車の条件ですが、これは地域や団体によって少し違うようです。地域というのは全国にあるオークション会場によって見解に差があるといった感じです。

とは言っても、大きな差ではないので、ひとつだけ覚えておいてください。「骨格に関わる部位の修理、交換をした場合は、事故車扱いとなる。」ということです。

骨格に関わる部位というのが難しいといえば難しいのですが、わかりやすい所だとフレームです。このような骨格部分を修理、交換していなければ、事故車にはなりません。

「クオーターパネル(アウトサイドパネル)は、修理しても別にOKだろう?」なんて、専門的な意見が出てきそうですが、まぁ、ザックリ、簡単に、「骨格に関わる部位の修理、交換=事故車」と覚えて欲しいです。

なので、「バンパー交換したら事故車?」「ドア交換したら事故車?」という質問に対しての答えは「NO」です。事故車ではありません。ただし、バンパー交換+別な修理をしていて、その修理内容がエンジンルームの骨格部品を交換していたりすると、事故車になってしまいます。

見解も難しく、説明も難しいのですが、ちょっとの修理で事故車扱いなんてことはありませんので、心配しないで下さい。

現在、中古車屋さんの店頭に並んでいる車で、事故車扱いとなる車には、必ず「事故暦アリ」と表記されていると思います。

でも、「事故暦アリ」の表記は、あまり見かけませんよね? もし、バンパー交換、ドア交換程度の修理で、事故車扱いになってしまうのであれば、中古車屋さんの店頭には、もっと「事故暦アリ」の表記が増えるはずですですからね。

次に、下取り査定に影響があるかどうかですか、骨格部位の修理交換をした車、つまり事故車扱いとなる車は、間違えなく査定額が下がります。販売するときにも、「事故暦アリ」と表記され、他の同モデルの車両よりも安く販売されますので、これは当然です。

ただし、バンパー交換しているから、ドア交換しているから、ボンネットに塗装暦があるからなどの理由で、査定額がマイナスになることはありません。もし、それらを理由に価格を下げられたら、「事故車にはならないはずだ!」と、ちゃんと交渉しましょう。(下取り価格、買取価格は相手が決めることですので、意見が通るかどうかはわかりませんが・・・。)

しかし、修理した場所がとても汚い、ちゃんと修理がされていないなどは、査定額に影響が出ます。修理した場所のツヤがなくなっていたり。ドアの開け閉めが上手くできないなどのケースです。このような場合には、それを修理しなおすための費用分が、差し引かれて査定額となちます。

以上、事故車の扱いと、事故車の査定額の話ですが、大きな事故をしていない限り、事故車扱いにはなかなかなりません。「大きな事故ってどの位?」と聞かれると、また説明が大変なので省略させてもらいますが、ちょっとした修理では査定額には影響出ませんので、安心してください。

車買取ならカービュー

事故暦あり、事故車(修理していない状態)、不動車でも、「買取可能なのか?」「買取額がいくらなのか?」無料で見積りしてもらえます。見積り査定額に納得がいけば、そのまま車を買い取ってもらうことも可能です。

事故車などの無料買取査定 ⇒ 「カービュー

Copyright © 車買い替えFAQ