ローン返済中の車買い替え

車の買い替えFAQ

ローンがまだ残っている車を、下取りに出すことは出来るのか?

トップページ下取り車の疑問ローン返済中の車の買い替えは?

車を買い替えようと思っていますが、現在ローンの返済中です。ローン返済中でも、車を買い替えることは出来るのでしょうか?

車のローンと言っても、実際には借金ですので、全て払い終えてから(完済してから)、車を買い替えることをオススメしますが、状況により、そうも言えない場合もあるでしょう。

実際ローン返済中の車でも、車を買い替えることは可能です。専門的な部分は省いて、簡単に説明しますので、ローン返済中の車の扱いを理解して頂ければと思います。

まず、ローン返済中の車は、ローンを組んだ会社の持ち物と考えてください。もし、ディーラーでローンを組んだなら、ディーラーのもの。ローン会社で組んだのなら、ローン会社のものです。これは、もし借りたお金を返せなくなった場合に、貸した側に金銭的負担が生じないようにするための処置です。

ですので、車を買い替えたいと思っても、勝手にローン返済中の車を売ることは出来ません。まずは車を売れる状態、手放せる状態にするために、ローンの完済をしなければいけないのです。完済することで、車を売却できるので、後は通常と同じく、車を下取りに出したり、買取専門店に売却したりして、車を買い替えるのです。

ここで疑問が出ますよね? 完済するためのお金はどうするのか??

そのお金は、車の売却価格から差し引かれます。ローンの残債が100万で、車の下取り価格も100万なら、差し引きゼロ円なので、次に買う車の金額でローンを組む事になります。

この処理を誰がしているかというと、車の買取先です。ディーラーで新車を購入し、下取りに出せば新車ディーラー。買取専門店に車を買い取りに出せば、買い取り専門店。という感じです。

早い話が、ローンの残債があろうがなかろうが、通常の車の買い替えと同じように考え、ローンの残債手続きは、車の買取先に任せれば良いのです。

残債よりも、下取り価格や買取価格が安いこともあるので、その際には持ち出し金が発生する事もありますので、この辺はしっかり把握しておきましょう。(ローンの残債が100万で、車の下取り価格が80万、持ち出し金20万が必要になる。)

いづれにしても、ローン中の車の買い替えは通常と変わらず出来ると思ってもらって大丈夫ですが、ローンの残債はそのまま残る事を忘れないでください。つまり、借金が増えると言う事です。

参考例

例を掲載しておきます。購入先で下取りに出し、新たにローンを組む場合を想定していますが、車を下取りに出さず、車の買取査定店に売却した場合も、基本的な考え方は全く同じです。

例1:ローンの残債、100万。車の下取り価格、100万。次の車の購入価格、200万。次に組む車のローン、200万円。

例2:ローンの残債、100万円。車の下取り価格、50万。次の車の購入価格、200万。次に組む車のローン、250万円。

例3:ローンの残債、100万円。車の下取り価格、150万。次の車の購入価格、200万。次に組む車のローン、150万円。

*一般的な条件をこちらで考慮しての例になりますので、実際とは異なる場合もあります。このページの内容を把握した上で、自己判断せず、購入先や車の買取先と相談してください。また、新たにローンを組みなおせない場合もありますので、その際も相談をしてみましょう。

愛車一括査定! 複数社に買取の見積りをしてもらえば、あなたの車の下取り相場を知ることができます。
複数社一括買取査定 ⇒ 「carview
Copyright © 車買い替えFAQ