車検と下取り査定

車の買い替えFAQ

車検の残りが少ないなら、下取り査定額アップのために、車検に通した方が良い?

トップページ下取り車の疑問車検は通して下取り?

まだ車の買い替えを決めたわけではないのですが、車検の時期が迫ってきています。車を買い替える時に、車検の期限が迫っていたら、車検を通してから車を買い替えた方が良いですか? 下取り査定に、車検の残り期限は影響するのでしょうか?

車検の有無、残り期限の長さで、下取り査定額(車の買取査定額)に、大きく影響が出るとは考えなくても良いです。ただ、多少の影響はあるので、逆に車検の残りが1年以上ある場合には、積極的にアピールすることもありだとは思います。

ですが、車検の期限がギリギリで、車を売却するのであれば、わざわざ車検を通す必要はありません。

法定費用(重量税、自賠責)などの問題もありますし、車検に通す費用だって、業者がやった方が安上がりです。なので、車検の残りを気にして、わざわざ車検に通す必要はありません。

心配なのは、車を買い替える時、新しい車が納車されるまで、今乗っている車の車検がもつかどうかです。新車の納車などは、1ヶ月以上待つことも珍しくありません。その待っている間に車検が切れてしまえば、その車には乗れなくなってしまいます。

車がない期間があっても、大丈夫な人なら問題はないでしょうが、毎日のように車が無いと困る人にとっては、大問題となってしまいます。次の車が納車されるまで、レンタカーを借りるという手もありますが、日数が長ければ、費用もバカにはなりませんからね。

もし、納車日までに車検が切れてしまい、車が必要なのであれば、購入時に、購入先に相談てみましょう。格安でレンタカーや代車を用意してくれたり、運が良ければ、無料の代車を用意してくれることもあります。

とは言え、このような恵まれた状況が訪れることは稀ですので、車検の残り期限には、十分余裕を持って、車を買い替えるように計画を立ててください。

Copyright © 車買い替えFAQ